著作権なるほど質問箱

トップページ
更新履歴
著作権制度の概要
関連用語
最近の法改正等について
関係法令
セミナー・シンポジウムのお知らせ
著作権教育情報
ご意見・ご感想
文化庁のホームページ
著作権Q&A

Q 私は写真家ですが、1955年に写真誌に掲載された私の写真は現在保護されているのでしょうか。
A  著作権は消滅しており保護されません。
 現行著作権法では、著作権の保護期間は、原則として著作者の死後70年まで保護されると定められており、写真の著作物についても同様の取り扱いがされております(第51条)。しかしながら、現行著作権法は昭和46年(1971年)1月から施行されましたが、一旦消滅した著作権は復活しないとの考えの下に、現行法の施行時に旧著作権法の保護期間が満了している著作物は、現行法の適用がないとの調整規定が設けられました(附則第2条)。旧著作権法では、写真の保護期間は原則として発行後10年と定められていたため、1955年に雑誌に掲載された写真の著作権は1965年末に消滅しており、現行法に乗り移ることができません。なお、当時は新著作権法の準備中で、写真の保護期間も50年に改正する方向で進行中でしたが、時間切れによる権利消滅を防ぐために、2回に分けて写真の保護期間の暫定延長措置がとられ最終的に発行後13年まで延長されましたが、結局昭和1956年までに発行された写真の著作権はすでに消滅していることになります。



旧法の保護期間等との調整
著作権法
第1条 - 第9条の2 第10条 - 第16条 第17条 - 第29条
第30条 - 第50条 第51条 - 第58条 第59条 - 第60条
第61条 - 第66条 第67条 - 第74条 第75条 - 第88条
第89条 - 第104条 第104条の2 - 第104条の10 第105条 - 第111条
第112条 - 第124条 附則 著作権法施行令

このページのトップへ